2008年07月17日

第3回フラワーレッスン

7月13日(土)

長岡駅の中にあるお花屋トーアさんのオーナー浅野ゆうこさんをお招きして
えにし屋にて第3回フラワーレッスンを開催致しました。

フラワーレッスンは、レッスンとはいえ細かいことは一切ナシ。
自分が気になったお花を手に取り、
自分が置きたいところにお花を生けるという自由な会です。

第1回はトーアさん特製のBOXにアレンジするスタイリッシュキューブ。
第2回は2段重ねの土台にアレンジしてケーキに見立てたフラワーケーキでした。

打合せの時に、第3回はどうしましょうかと
浅野さんとえにし屋メンバーで相談していたところ
「コップにね、一輪花を添えるだけでもいいんだよ」
と、義晴がポツリと言いました。

そのアイディアを聞いた浅野さんと由美子から
次から次へと新しいアイディアが生まれ
家で眠っている器やランチョマットなどかき集めて
参加者の皆さんに自由に器などを選んでもらおう!
お花もいっぱい用意して選んでもらおうということになりました。

当日、浅野さんが持ってきてくださったお花は約20種類。

皆さんに選んで頂くため廊下に置いたら
えにし屋の一角がお花屋さんになりました。

DSC00154.jpg

浅野家と清水家の器+αを並べたらこちらは骨董市のよう。
これは個人のお花を生けるときに使用します。

DSC00182.jpg

まずは3つのグループに分かれての大作づくりから。

義晴も楽しそうに生けており、
参加者の一人の方から「一番楽しそう。目が輝いてるんだもの。」
と言われていっそうニコニコ笑顔。

DSC00156.jpg

出来あがった大作にそれぞれタイトルをつけてもらいました。

「七月の雪」

DSC00166.jpg

「彩演」

DSC00170.jpg

「和」

DSC00171.jpg

器と生ける人たちが違えばアレンジも様々。
それぞれ素敵なお花が出来上がりました。

大作のあとに義晴の講話を挟み、
その後に個人のお花に取りかかりました。

先ほどの骨董市スペースから好きな器を選んで、
好きなお花を自由に生けて頂きました。

DSC00188.jpg

完成後は鑑賞会。
本当にお花は生ける人を現わしています。
選ぶお花・選ぶ器はその人らしさが出ていました。

今回はレッスン初の男性が参加してくださりました。
花火をイメージしたヒマワリと水辺に映った様子を表したとのこと。

DSC00205.jpg

こちらはタイトル「優しさの連鎖」
みなさんから「ロマンチック!」と評判でした。

DSC00212.jpg

最後は由美子特製わらび餅を食べながらの
雑談でお開きとなりました。

浅野さんのお店のスタッフの方1名
えにし屋メンバー4名含めて総勢14名が参加してくださいました。
皆さまお暑い中、お越しくださり本当にありがとうございました。
次回は9月を予定しております。
posted by enishiya at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。