2012年06月14日

福島、飯舘 それでも世界は美しい

私の友人で飯館に住んで居る小林麻理さんが、
「福島、飯舘 それでも世界は美しい」という本を出版された。
明石書店発行です。
放射能でも汚されない魂の繋がりや自然との繋がりが
透明な文章で書かれていて感動しました。
多くの人に読んで頂きたい本です!


posted by enishiya at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。