2012年04月07日

いざという時に

東北大震災の後も、関東・南海大震災の発生が予測されているが、
そのような震災が発生した時に被災地にいち早く必要となるのが
ボランティアサポートセンターであり、
そこに居るコーディネーターやファシリテーターの存在である。

それは、私が新潟の中越地震や三条の水害の時に現地で実感したことであり、
行政の対応は非常に遅く、不手際であり、
その時活躍したのは民間のまちづくりコーディネーターの人たちなのであった。

また、その人たちは復旧後も現地にとどまり、
復興支援の原動力となったのであった。
それを見ていて三年前から新潟市の点塾でファシリテーター養成講座を始めたのだが、
今年も開催する予定でいるので、
一人でも多くの人に受講していざという時に備えて欲しいと願っているのである。
posted by enishiya at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。