2009年06月16日

「のんびりきょうも妄想日和」発行しました

えにし屋出版部から記念すべき第一冊目「のんびりきょうも妄想日和」
(著:清水義晴)を発行いたしました。

「私は妄想を原動力として生きてきた根っからの妄想人です。
言わば妄想に助けられ、支えられてきたと言えます。
しかし、妄想という言葉にはどうもマイナスのイメージがついてまわる事が多いようです。
 しかし、身のまわりを見渡すと意外に妄想人は多く、
それも周囲にはそれと気づかれないようにひっそりと妄想生活を送っている人が多いのです。
そんなことに気づいたので、
お世話になった妄想君の市民権を得るために書いたのがこの本です。」
(あとがきより)

まえがきは浦河日赤病院の川村敏明先生が素敵な文章を書いてくださりました。
ほっとするようなイラストとともに気軽に読んで頂きたい本です。

「のんびりきょうも妄想日和」
著:清水義晴  絵:玉田民佳
38ページ(フルカラー)・B6サイズ・定価840円(税込)

※えにし屋出版専用アドレスをつくりました。
 申込・お問合せはこちら↓まで。
 shuppan@enishiya.net


posted by enishiya at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日、突然、義姉から「のんびりきょうも妄想日和・・・」が届きました。清水さんと久しぶりに話ができたようでわくわくしてます。そういう気持ちにさせてくれた義姉には、感謝感謝。早速下手なお礼状を出しました。そういうふうにしてくれる清水さんは不思議な人です。有難うございます。
Posted by ライブ設計室 福島 at 2009年07月06日 14:24
思わぬ出会いに驚いています。
これもご縁ですね。
ありがとうございました。
Posted by 清水義晴 at 2009年07月16日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。