2011年03月07日

大病人時代

私はいわゆる団塊の世代の一人であるが、五年前に脳卒中で倒れた。
その後、私の友人たちはガンになったり、
脳卒中で倒れたり心筋梗塞で亡くなったりと多くの友が病に倒れた。
企業戦士として無理に無理を重ねてきたツケがまわってくる時期が来たのだろう。

しかし、これはまだ序の口で、
これからこの世代がより高齢化する数年後になると、
大病人時代というような大変な時代になるのではなかろうか。
そうなると、医療制度も福祉も整備されていないこの国はどうなってしまうのだろうか。
おそらく想像もつかないほどの混乱が待っているようで今から不安なのである。


posted by enishiya at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由と自立

私は車イス生活であるが、このところ自分で車イスを漕ぐようにしている。
すると、思った以上に行動の自由度が高まるのだった。

たとえば、ディサービスでご飯を食べた後、
今まではスタッフの人に声をかけてトイレに連れて行ってもらっていたのが、
車イスを自分で漕ぎ始めると、
それをスタッフが見止めて声を掛けてくれて手を貸してくれるのだ。
つまり、待ちの姿勢から始めの一歩を
自分で歩み出す自立の姿勢へ転換できたということなのだろう。
自分で歩くことができなければ自由と自立は手に入らないと思っていたが、
車イスを自分で動かすという些細なことを始めただけでも
予想以上の自由と自立が手に入ったという気分になったのであった。
posted by enishiya at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。