2014年01月23日

企業教育コーディネーター

これまで、まちづくりコーディネーター、
学校教育コーディネーターの育成に20年間取り組んで来て、
多くの人が育ち、各地で豊かな成果があがってきましたが、
今度は、企業教育コーディネーターの育成に取り掛かり、
企業教育と言う分野を開拓しようと考えて居ます。
posted by enishiya at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

ファシリテーターとはなにか?

ファシリテーターとは開かれた場、安心の場を作り、
一人一人を大切にする事によって集団の力を引出す役割と技術を持った人である。
これからの時代はリーダーよりもファシリテーターが求められる様になるだろうと思っているのです。
posted by enishiya at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほぐれる体とほぐれないからだ

マッサージの先生に聞いたら
体がほぐれやすい回路を持っている人と持っていない人がいるそうなのである。
その違いは、ほぐれやすい回路を持つている人は
内観をする様に内面を見つめて内面と対話している人だそうで
持っていない人は外面ばかり観ている人なのだそうである。
周りの現象に振り回されて自分を見失っている人ということであろうか?
posted by enishiya at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルバムとは?

アルバムとは思い出の形見である。
思いでの分身と言ってもいいだろう。
だから人はアルバムを大切に保存し,思い出をたいせつにするのである。
posted by enishiya at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

福島、飯舘 それでも世界は美しい

私の友人で飯館に住んで居る小林麻理さんが、
「福島、飯舘 それでも世界は美しい」という本を出版された。
明石書店発行です。
放射能でも汚されない魂の繋がりや自然との繋がりが
透明な文章で書かれていて感動しました。
多くの人に読んで頂きたい本です!
posted by enishiya at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・ビデオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

いざという時に

東北大震災の後も、関東・南海大震災の発生が予測されているが、
そのような震災が発生した時に被災地にいち早く必要となるのが
ボランティアサポートセンターであり、
そこに居るコーディネーターやファシリテーターの存在である。

それは、私が新潟の中越地震や三条の水害の時に現地で実感したことであり、
行政の対応は非常に遅く、不手際であり、
その時活躍したのは民間のまちづくりコーディネーターの人たちなのであった。

また、その人たちは復旧後も現地にとどまり、
復興支援の原動力となったのであった。
それを見ていて三年前から新潟市の点塾でファシリテーター養成講座を始めたのだが、
今年も開催する予定でいるので、
一人でも多くの人に受講していざという時に備えて欲しいと願っているのである。
posted by enishiya at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

「世界一幸せな国 ブータン」

NHKで「世界一幸せな国ブータン」というテーマで
ブータンを取り上げた特集番組をやっていたが、
その実態は、便利さと効率を追求してきた現代文明とは対極にある
手づくりと助け合いのおだやかで人と人とのつながりのある心が豊かになるものであった。
生活が便利になる電気を引くことより渡り鳥の鶴が電線に引っかかることに気を使い、
野菜や家畜を育てるのも人間中心の考え方ではなく、
自然に従い、すべての生き物が共に生きること喜びを見い出すような
価値観と生き方を実現していたのであった。

これを見ていて、
ブータンこそ世界の先進国だと思ったものであった。
また、国家だけでなく、企業や地方自治体や地域づくりなどでも学ぶべき点は多く、
これからの時代のモデルであり希望であると強く感じたのであった。
posted by enishiya at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

本のご紹介

私は四月に二冊の本を出版することになりました。

一冊は「経営つれづれ草」というタイトルで
経営と仕事と営業の思想と実践について三章にまとめた本です。
私が経営を実践してきて効果や成果があったことをまとめた実践的な書ですので
面白い本になったと思っております。

もう一冊は「ファシリテーション」という雑誌です。
和の人間関係や場をつくるファシリテーターの心得や手法について連載する予定の雑誌で、
点塾で開いている日本型ファシリテーター養成講座と両輪で
ファシリテーション文化を日本に広げたいと考えて出版するものです。
ご興味のある方はえにし屋までお問合せください。


【お問合せ】
えにし屋
電話:025-284-8701
FAX:025-284-8733
E-mailからのお問合せはこちらクリックしてください
posted by enishiya at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

未来デザイン講座

11月4、5日と点塾で未来デザイン講座を開催した。
参加者は新潟を中心に全国から15名。
それぞれ、新事業を起こそうとしている人やまちづくりをしている人、
新しい仕事づくりをしている人などで、
未来デザイン講座がタイムリーな時期だったようで大変な盛りあがりだった。
終わってみると、「これで創業ができる!」とか、
「目の前が開けた!」という声が聞かれ、
参加者の満足度が高かったことがうかがえたのだった。

また、「未来デザインをしったことでファシリテーターの役割の全体像が明確になった。」
という人もいて、未来デザインはファシリテーターにとって欠かせない技術であることを
あらためて感じた二日間でもあった。
posted by enishiya at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

大病人時代

私はいわゆる団塊の世代の一人であるが、五年前に脳卒中で倒れた。
その後、私の友人たちはガンになったり、
脳卒中で倒れたり心筋梗塞で亡くなったりと多くの友が病に倒れた。
企業戦士として無理に無理を重ねてきたツケがまわってくる時期が来たのだろう。

しかし、これはまだ序の口で、
これからこの世代がより高齢化する数年後になると、
大病人時代というような大変な時代になるのではなかろうか。
そうなると、医療制度も福祉も整備されていないこの国はどうなってしまうのだろうか。
おそらく想像もつかないほどの混乱が待っているようで今から不安なのである。
posted by enishiya at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 義晴日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。